あんだんてシャンプーはできる限り髪や肌にやさしいシャンプーを目指し、素材選びにこだわった天然系無添加処方のシャンプーです。
あんだんてシャンプー通信 No.13
あんだんてシャンプー通信

No.1
脅かしには科学的根拠がない

No.2
脅かしからは何もプラスは生まれない

No.3
製品に自信があれば、脅かしの必要がない

No.4
いいくらしフェア

No.5
あんだんての防腐設計

No.6
防腐にまつわる話 その1
天然系の防腐は難しい

No.7
防腐にまつわる話 その2
何故、防腐対策は必要なのか?

No.8
防腐にまつわる話 その3
防腐剤は怖いものか?


No.9
防腐にまつわる話 その4
防腐剤を表示しないのはインチキか?


No.10
防腐にまつわる話 その5
殺菌、抗菌、静菌、防腐のどこが違うの?


No.11
石けんと界面活性剤

No.12
天然界面活性剤

No.13
アミノ酸系界面活性剤



ご希望の商品画像をクリックすると
商品購入ページへ移動できます。


自然の恵みで
楽しい入浴


<からだを洗うシャンプー> からだを洗うシャンプー400mlボトル【あんだんてシャンプー】
からだを洗うシャンプー1000mlチアパック【あんだんてシャンプー】

<髪を洗うシャンプー>
髪を洗うシャンプー400mlボトル【あんだんてシャンプー】
髪を洗うシャンプー1000mlチアパック【あんだんてシャンプー】

<髪を潤すトリートメント>
髪を潤すトリートメント250gボトル【あんだんてシャンプー】


あんだんてシャンプー
髪を潤すトリートメント 40gミニボトル【あんだんてシャンプー】 ご好評をいただいておりました「あんだんて 髪を潤すトリートメント」の40gミニボトルを今回発売いたしましたので、ご案内申し上げます。
あんだんてシャンプー





あんだんてシャンプー通信 No。11号から界面活性剤の話に入りましたが、今回は「アミノ酸系界面活性剤」をテーマとしました。


アミノ酸系界面活性剤

1 アミノ酸系界面活性剤とは?

ホームページの「シャンプーのお話 アミノ酸系界面活性剤」に詳しく解説しておりますので、こちらを先ずご覧下さい。主要部分はお分かりいただけると思いますが、以下、若干補足します。

2 アミノ酸系界面活性剤のかくれた特長

アミノ酸系というと低刺激、コンディショニング効果があるなどは良く知られていますが、その他にも面白い性質があります。

上記ホームページの中の「アミノ酸系界面活性時の特長」のDのなかに「洗面器が汚れないなどの利点もある。」と書きましたように、プラスチック面、金属面へのカスの付着防止効果があります。
石けんに「カスが付きやすい性質」があるのと正反対です。
石けんは勿論ですが、汎用のシャンプーなどと較べても、洗面器、廃水溝などへの付着が少なくなります。
使って見られると実感できます。

3 アミノ酸系の過去の事例

石けんメーカーのなかには、アミノ酸系界面活性剤を配合したシャンプーは問題があり、石けんの方が低刺激であると宣伝している会社があります。
確かにアミノ酸系で一時問題になったことがあり、美容サロンでかゆみが問題になったことはあるようです。
しかし、古い話ですし、素材、配合技術は進歩していますので、今は問題ないと考えていただいて結構です。
いまだに、この話を蒸し返すところに、一部の石けん愛好家の問題が端的に現れています。
あんだんてで使用しているラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系のなかでも別のタイプのもので、最初からこの問題はありませんのでご安心下さい。

石けんは安くてある程度低刺激な面もあり、それなりに良いものだと思います。
更に低刺激を目指した時にはアミノ酸系などがありますので、それぞれ特長を生かして住み分けて行くことが消費者にとっても選択肢が広がりプラスだと思います。
一部の石けんメーカー、愛好者がいまだに排他的になっているのは残念なことです。




あんだんてシャンプー通信 発行者
有限会社 あんだんて

あんだんてシャンプー


健康は永遠のテーマ/イコス





100MB無料ホームページ可愛いサーバロリポップClick Here!